2010年05月27日

首相動静(5月26日)(時事通信)

 午前7時49分、公邸発。「普天間飛行場移設で社民党が5月末まで政府方針に反発し続けたら連立は維持できるか」に「連立を維持できるようこれからも協議を続けたい」。同52分、官邸着。同53分、執務室へ。
 午前7時57分、松野頼久、松井孝治両官房副長官が入った。
 午前8時57分、松野氏が出た。同9時34分、松井氏が出た。同49分、執務室を出て、同50分、官邸発。同52分、国会着。同54分、参院議長応接室へ。同56分から同58分まで、赤松広隆農林水産相、松井官房副長官。同59分、同室を出て、参院本会議場へ。同10時1分、参院本会議開会。
 午前11時23分、参院本会議を途中退席し、同25分、国会発。同27分、官邸着。同28分、執務室へ。
 午前11時29分から同53分まで、平野博文官房長官。
 午前11時55分から午後0時23分まで、中山義活首相補佐官。同24分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時52分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後1時26分、民主党沖縄県連の喜納昌吉代表、玉城デニー、瑞慶覧長敏両副代表が入った。平野官房長官同席。
 午後2時9分、全員出た。
 午後2時10分から同3時4分まで、松野官房副長官、逢坂誠二首相補佐官。同6分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後3時7分から同4時3分まで、岡田秀一経済産業省通商政策局長、寺田達志環境省地球環境局長、佐々江賢一郎外務審議官ら。同4分、首相会議室を出て執務室へ。同5分、小沢鋭仁環境相が入った。
 午後4時35分、小沢氏が出た。
 午後5時34分、輿石東民主党参院議員会長が入った。
 午後5時53分、輿石氏が出た。
 午後6時26分、執務室を出て、同27分、小ホールへ。同28分から同34分まで、報道各社のインタビュー。「普天間飛行場移設で日米共同声明と政府方針の発表で5月末決着と言い切る考えか」に「最終的に国民の皆さん方にお話し申し上げたい。今その内容は言えない」。同35分、小ホールを出て、同36分、執務室へ。
 午後6時44分から同7時10分まで、松井官房副長官、逢坂首相補佐官。同12分、執務室を出て、同13分、首相会議室へ。
 午後7時14分から同52分まで、松井官房副長官、佐々江外務審議官ら。同56分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後8時8分、執務室を出て、同9分、官邸発。同10分、公邸着。
 27日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

大都市戦略の策定を=09年度首都圏白書案―国交省(時事通信)
事業運営権の創設で新方式=PFI法を改正へ―内閣府(時事通信)
燦HD子会社役員を逮捕=女性の遺体遺棄容疑―大阪府警(時事通信)
種牛忠富士を殺処分、周囲5頭10日経過観察(読売新聞)
シャープ、デイリーヤマザキにデジタルフルカラー複合機を納入
posted by ヨシノ カツミ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。