2010年02月25日

政治利用防止のルールは示さず 天皇の公的行為で政府見解(産経新聞)

 平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、外国賓客との会見など天皇陛下の「公的行為」のあり方をめぐる政府見解を衆院予算委側に提出したことを明らかにした。公的行為に関する統一的な見解は困難として、天皇陛下の政治利用を防ぐルールは示さなかった。

 平野氏は「公的行為を具体的に列挙すると非常に多岐にわたるため、(統一した見解を)基本的に設けるのは難しい」とした上で、政治利用の防止については「個別に判断し、内閣として十分に配慮する必要がある」と述べた。

 天皇陛下の公的行為については、昨年の習近平中国国家副主席との特例会見をめぐって「政治利用」との批判が上がり、衆院予算委で自民党側が政府見解の提出を求めていた。

【関連記事】
小沢氏傲慢発言「陛下にプライベートはない」
「天皇陛下は江戸城より京都・広島に」亀井氏が進言
「私」が強すぎた政治家の末路
小沢氏の権力集中は独裁の序章
小沢史観で危ぶまれる「日韓併合100年」の2010年問題

千葉大生殺害、荻野さんに「卒業証書」(読売新聞)
五輪フィギュア 高橋銅メダル、最高視聴率27%に(毎日新聞)
1人当たり県民所得305万円=4年連続で増加−07年度(時事通信)
シュワブ陸上案も排除せず=首相(時事通信)
ニイウスコー元会長「粉飾の手口、部下に指示」(読売新聞)
posted by ヨシノ カツミ at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

難解な医療用語、段階的に説明を(医療介護CBニュース)

 国立国語研究所の田中牧郎准教授は2月16日、東京医療センター主催のシンポジウムで講演し、難解な医療用語を誤解されずに分かりやすく伝えるには、概要から詳細を段階的に説明すると効果的だと述べた。

 田中氏によると、例えば「頓服」という用語の場合、最低限伝える必要がある内容(第1段階)は、「症状が出たときに薬を飲むこと」。少し詳しく伝える場合(第2段階)には、「食後など決まった時間ではなく、発作時や症状のひどいときなどに薬を飲むこと」と説明する。
 もっと時間をかけてゆっくり説明する場合(第3段階)には、「一日一回とか毎食後とか、決められたときに薬を飲むのではなく、症状が出て必要になったときに薬を飲むこと」と解説する。

 同研究所の「病院の言葉」委員会が実施した調査では、「頓服」という言葉は認知率は高いが、このうち3割以上が頓服薬を鎮痛剤や解熱剤と誤解していた。

 田中氏は「半分ぐらいの人しか知らない言葉を、6割の医師が使っている現状をきちんと認識して、多くの人が分かるためにはどのように伝えるべきかを考えていく必要がある」と指摘した。

 同委員会は昨年3月、医師や一般国民を対象に実施した調査の結果をベースとする「病院の言葉を分かりやすく―工夫の提案―」(勁草書房)を刊行している。


【関連記事】
医療者が歩み寄り、「病院の言葉」を明解に
医療用語を明解に伝える工夫―国語研が最終報告
国語研の最終報告が書籍化
「病院の言葉」を明解に―国語研が都庁で講演

<詐欺>山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い(毎日新聞)
新型インフル向けの枠組み創設=予防接種法改正へ提言−厚労省審議会(時事通信)
「地下水の浸食で陥没」=ゴルフ場転落事故で鑑定書−北海道(時事通信)
J&J日本元代表を在宅起訴=5800万円脱税−東京地検(時事通信)
山内議員元秘書を逮捕 架空の投資話で3千万円詐取容疑(産経新聞)
posted by ヨシノ カツミ at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。